画像

先生達の本音

4/13更新
由来シリーズ・その19


春の雨が百穀を潤すという意味を持つ二十四節気のひとつで、春の最後の節気です。
日差しも次第に強くなり始め、雨で湿った田畑は、秋に収穫する穀物の種まきシーズンとなり、穀雨を目安として田畑の準備をはじめます。
暦の上で穀雨を過ぎると夏を迎えます。

あず鍼灸接骨院MobileSite
copyright(c)あず鍼灸接骨院 All right reserved.